about

奈良・月ヶ瀬で、700年変わらぬ伝統製法で烏梅づくりを営む最後の一軒、梅古庵です。
国選定保存技術「烏梅製造」を唯一保有しています。
また、烏梅職人が梅食品を作っております。
最後の一軒になろうとも、古来変らぬ伝統製法で烏梅をつないできた梅古庵。
梅食品についてもひとつひとつ手作り無添加です。

<烏梅>
烏梅は黒梅とも呼ばれ、約1400年前に遣隋使、遣唐使により薬用として伝えられ、その後、紅花染めや化粧用の紅の媒染料として使用されてきました。
明治以降、化学染料の普及により烏梅の需要は激減し、戦後、烏梅造りを営む最後の一軒となりました。
現在は、伝統技法を守る数少ない染色家のみが烏梅を媒染料として、手間暇をかけて染色を行っております。
特に、烏梅を媒染料とした紅の色は鮮やかで美しく、化学染料では出すことができない色と言われています。
近年はお茶としても見直され、多くの方にお楽しみいただいております。
伝統技法を守り美しい色を染める染色家の思いを大切に、そして「天神さんをお祀りするつもりで、
売れても売れなくても梅を焼け」という家訓を守り、最後の一軒になろうとも烏梅を焼き続けています。

<手作り無添加 梅食品>
烏梅職人が手作り無添加で、梅食品を作っております。
梅干し、はちみつ梅干し、しそ巻甘梅、梅ジャム、をネット販売中。
梅と赤紫蘇は自家農園栽培ですので、安心です。
1万本の梅の花が咲く毎年2~3月末(月ヶ瀬梅峡梅まつりの頃)、実店舗でも販売しております。

<梅古庵 実店舗>
1万本の梅の花が咲く毎年2~3月(月ヶ瀬梅峡梅まつりの頃)、無休で開店しております。
お食事処にて、天然山菜を使った鍋料理・うどん、
自家栽培米を使ったごはんもの等、手づくり料理を提供しております。
お土産処にて、手づくり無添加梅食品、烏梅、盆梅を販売しております。
国選定保存技術「烏梅製造」の保持者が皆様のお越しをお待ちしております。